カテゴリー
未分類

突然の引越し、意外とすぐに馴染んだ東京葛飾区での生活

仕事の都合で、妻子を大阪に置いて私だけ東京葛飾区の京成小岩駅近くに引越したことがあります。 突然のことで、大阪のごちゃごちゃした下町で育った私が、東京のような大都会でやっていけるのだろうかと、ものすごく不安になりましたが、葛飾区は私のイメージしていた大都会とは全く様相が違い、むしろ大阪のごちゃごちゃ感と近いように感じ、話し言葉は全然違うけど雰囲気に馴染むまでさしたる時間はかかりませんでした。

引越し先のワンルームアパートは京成小岩駅のすぐ近くで、エレベーター無しの3階、家賃は6万5000円と大阪より若干高いかな、という感じでした。家具家電は大阪で妻が使っているので運び出すわけにはいかず、現地でほとんど買い揃えました。 狭い螺旋状の階段は荷物が運び辛く、冷蔵庫や洗濯機など大型家電が業者が運び入てくれたから良いのですが、テレビや座椅子など自分で持ち帰ったものは部屋に持ち込むのが大変でした。 https://www.sou-un.jp/

要最小限の家具家電だけの殺風景な狭い部屋にいると、学生時代に戻ったような気分になりました。 東京生活での自動車はどうしよう、と引越し前にあれこれ考えたのですが、京成小岩駅は自転車のほうが利便性がよく、結局2年間の東京生活の交通手段は自転車&電車がほとんどでした。

すぐ近くに江戸川の河川敷があって、休日や深夜はここをよく散歩しました。 大きな川沿いを黙々と歩いていると日常の不安や緊張が解けていき、東京に知り合いのほとんどいない私にとっては、江戸川散歩が大切なストレス解消法になっていました。

2年後再び大阪に引越しすることになったのですが、その頃には名残惜しいほどすっかり葛飾区に馴染んでいました。東京に旅行などする機会があれば、また懐かしい葛飾区にフラッと立ち寄ってみたいと思います。